ふろく
歯科だけにとらわれない日々を
≪07月   2020年08月   09月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
世界を変えたレコード展


梅田グランフロント大阪北館で開れている「世界を変えたレコード展」に行ってきました。
中高大と70年代から80年代に、どっぷり洋楽LP時代を過ごした僕にとってはワクワクした夢の様な空間でした🌟
て事で、かなり思入れの強い長い文章になってます😅
ご興味無い方はすっ飛ばして下さい(笑)


野外ステージの鉄骨を彷彿させる枠組みに所狭しとレコードジャケットが展示されています。
その後ろには、巨大な音楽歴史年表がジャケット展示とリンクする様に広がってました。



僕の知ってるLPレコードは長い歴史の中で後半になりますが、それでも『あっ!これこれ!!持ってるわ~懐かしい~!』と興奮MAXです😍
周りのほぼ同年代の方々も、同じ様な事を話しながら撮影されています📷(全ての展示物撮影可でした!)
途中、レコードプレーヤーから流れるBGMももちろん僕ら世代ドンピシャ!
同時にカセットデッキ、カセットウォークマン、MTV全盛期のブラウン管テレビなど、まさしく僕が音楽を楽しんでいた媒体の歴史でもあります。
当時、FMで新譜が流れるのをレコパルでチェックして録音するエアチェック、そしてレンタルレコード店にも足繁く通いました。
そして聞いていた音楽は、淡い恋の思い出ともリンクしますねぇ~(笑)



展示の後半にはジャケットアートに特化したLPがズラッ~と壁に150枚展示してありました。
僕が持ってるアルバムも多数あって、何処かでビンゴにならないかなぁ?と思いながら見てたら2箇所ビンゴ!でした✌️️



僕個人のジャケットアートNo.1は…
何度考えても一枚に絞れなかってので💦上の二枚です。
『スローハンド/エリッククラプトン』
『ナイトフライ/ドナルドフェイゲン』
どちらもジャケ写だけじゃなく中身もリンクした素晴らしいアルバムでしたね🌟

会場の最後の最後に、プリアンプ、プレーヤー、スピーカーのセットから、『ホテルカリフォルニア/イーグルス』が流れていました♬
その流れていた暖かな音色に身体が反応して、しばらくその場から離れられませんでした。
中3の12月、貯めたお小遣いで予約までして買った大好きなこのアルバム。
一曲目を飾る表題曲は、今ではスタンダードナンバー、恐らく誰もが知る洋楽の一曲でしょう。
僕も多分何千回も耳にして来たと思います。
今でもiPhoneに入ってますし、最新のハイレゾ音源でも聞いた事があります。
でも、今回ほど全身に響き渡った事は無かったですね。
多分、16の冬、このレコードを初めてターンテーブルに載せて流れて来たあの音色の興奮を身体が覚えていたんだと思います🌟

よく考えたらそうですよね。
大体、当時のアーティストはLPレコードで聴く音が一番良い様にミックスダウンしてるでしょうし、まさか後にこんなデジタル時代で聞かれるとは思ってないでしょうし。
どんどん便利になって来て、僕もそれにドップリハマって聞いていますが、何か『音楽の聴き方、間違ってない?』と思ってしまいました。


改めてLPレコードの良さが実感出来た素敵な催しでした!✨
何と約5000枚のレコードジャケットの展示があったらしいです。
CDジャケットじゃ、こんなアートにならないもんね。
23日の日曜日までです。しかも無料!
ご興味ある方は是非!👍

ヤバいなぁ~、レコードプレーヤー、買ってしまいそうや(笑)
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .