ふろく
歯科だけにとらわれない日々を
≪11月   2019年12月   01月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
鹿児島
左上:仙巌園入口 中上:仙巌園中庭 右上:反射炉跡(世界遺産)
左中:尚古集成館(世界遺産) 中中:桜島(フェリーより) 右中:宮崎名物 チキン南蛮&鶏の炭火焼
左下:対岸の鹿児島市内 中下:鹿屋航空基地史料館 右下:再現された零戦


もうしばらく経ってますが💦この前の連休に鹿児島に行って来ました。
詳細に言うと、宮崎空港着で宮崎市内泊でしたが観光は鹿児島へと🤲

島津藩の別邸だった「仙巌園」とその敷地内にある日本最古の石造洋式機械工場で世界遺産の「尚古集成館」へ。
歴史を感じる建物と文化、桜島を望む美しい庭園を堪能しました👍
実際に見た桜島は、想像以上に雄大で驚き‼️


フェリーで桜島へと。
山道を登って行くと目の前に桜島がどんどん近づいて来て、その荒々しい山肌がハッキリと見え出します。
4合目にある「湯之平展望所」へ。
ここは一般人が入れる最高地点らしく、駐車場や遊歩道にも灰が😳
今まで遠景で見ていた姿とは様相が異なり、改めて活火山である事を実感する景色です。
展望台の反対側には対岸の鹿児島市内も見えていて、こりゃこの距離やと灰も飛ぶわ、、、

次に「有村溶岩展望所」へ。
その名の通りいきなりゴツゴツの溶岩の壁があちこちに、、、所々に待避所もあってデンジャラス感満載です(笑)
ここからの桜島は今までと見る方向が違い火口方面に近づくので、モクモクと上がる水蒸気がハッキリと見えます。
しばらく見物していると、遠くでゴォー!という音が、、、すると火口から今まで噴き上がっていた水蒸気の白色とは明らかに違う灰色の噴煙が上がっているではありませんか‼️😱
ビビって早々に退散しましたが、これくらいは良くある事で大した事無いらしいです😅


最後は宮崎に戻る途中に「鹿屋航空基地史料館」へと。
施設の周りには現役を引退した自衛隊の飛行艇や哨戒機、ヘリコプターなどが展示されていましたが、あまり手を入れてないのか若干の朽ちた感は否めませんでした💦
まぁ入場料無料やし仕方ないかな。

ここに来た第1の目的は、この地から戦時中に飛び立って行った908名もの特攻隊隊員の遺書や遺品の展示がある事。
鹿児島では知覧が有名ですが、ここも展示があると聞いて急いでやって来ました。
入場したのが16:15くらい。閉館が17:00なのでその展示を探しながら周りますが、日本海軍の歴史や太平洋戦争の経緯などばかりでなかなか見つかりません。
そして見学ルートの最後にやっとあった特攻隊関連展示コーナーに辿り着いた時は閉館の15分前💦💦
お陰でかなり端折りながらの見学とはなりましたが、遺書や遺品の数々、、、やはりグッと胸に迫るものがありました。
展示終わりに、ここの飛行機基地から飛び立って行った若者の遺影がその日付け順で並んでいたですが、8/15にでさえ数名の特攻隊員の出撃があったのを知った事はかなりの衝撃でした…


観光はこの1日のみ、鹿児島のみで、結局、2泊泊まった宮崎市内では食事だけしかしませんでしたが、料理の全てが美味しく、またお店の方々も優しく親切で愛想が良く、宮崎県、かなり好印象でした‼️


桜島中心ですが💦よろしければ撮った写真をご覧くださいませ🙏
P1190509.jpg仙巌園入口


P1190501.jpg仙巌園庭園より桜島を望む


P1190523.jpg仙巌園庭園より桜島を望む


P1190558.jpg尚古集成館(世界遺産)


P1190539.jpg観光列車「指宿のたまて箱」と桜島とのショットが撮れるかも?と粘っていましたが、来たのは普通の在来列車でした💦


P1190572.jpg湯之平展望所よりの桜島 岩肌が荒々しいです


P1190590.jpg有村溶岩展望所よりの桜島 モクモクと噴き上がる水蒸気


P1190585.jpgば、ば、爆発や!!


P1190593.jpg鹿屋航空基地史料館


P1190599.jpg零戦のコックピット こんな狭い所でたった1人で飛び立って行ったんですね…
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .